日本独自の伝統と文化であるおせちを大切にしたいです。

子供の頃「もういくつ寝ると・・・」と数えながら楽しみに待ったお正月、家族揃って、母手作りのおせちを食べることが当たり前でした。近年では「おせちは用意しない」「用意しても誰も食べない」という話を度々く聞き、寂しい思いをしています。

黒豆を食べることで「まめに暮らす」や、海老を食べることで「年老いるまで」と長寿を願うなど、料理の一つ一つの具材や食材に、迎えた新しい年を健やかに過ごす為の思いが込められているのがおせちです。日本独特のの伝統と文化の一つとして、次の世代に伝えていくことが、なによりも大切だと感じます。

幸い、近年は年末ギリギリ、また年頭早々からスーパーなどのお店も開いていますし、電子レンジなどの調理家電の利用で、それまでは弱火で炒り付けたり、長時間炊いたりしなければいけなかったものでも、簡単に、時短で調理できるようになりました。

できる限り心をこめて、家族の健康と幸せを願いながらおせち料理を作り、お正月には家族揃って食卓を囲むことができればと願っています。そうして次世代へと繋げていくことが昨今言われている「食育」であると思います。

 

コメントを残す