先祖からの大切な贈り物のおせち

だんだんとお正月におせちでなくて、違う料理を食べるような時代になってきました。私が子どもの時は朝は御雑煮で3日くらいはずっとおせち。親戚の家にいってもおせちで嫌気がさしていたような気がしたのですが、今ではそれも懐かしい思い出となっています。

日本人として日本の伝統というものは、やはり大切だというのをとても感じます。外国暮らしを少しした経験もあるので、そういう日本の文化は他の国にないものであるので、大切に受け継がれていく事が大切です。

特におせちにはただ単にお正月に料理をせずに主婦も休むという意味以上にそのお料理一つ一つに今年一年の家族の健康と幸福を願う意味が含まれているというのがとても大切なポイントであると思うのです。食材そのものもとても栄養や冬に食べるといい材料などで構成されていて、これを食べながら一年家族みんなで幸せに過ごす事を祈願するような、そういう先祖からの願いが受け継がれているという気がするのです。

私はそういうおせちをこれからも大切にいただきたく思っています。

 

コメントを残す