子供への食育のためのおせち

自分の子供の頃、お正月には必ずおせちが用意されていたものです。私の母は、料理が得意でしたので手作りが基本で大変だったと今は思います。しかし、子供の頃は好き嫌いも多く、食べるものは決まっていました。栗きんとん、紅白かまぼこ、田作り、黒豆くらいでした。だから、母はお雑煮とかうどんを別で作ってくれました。

それでも、子供の頃、お正月には食卓におせちがあるというのは良かったなと思います。それは日本の伝統であって、子供へと受け継いでいくものだと思うからです。今は、私も母親となりました。主人も私も、それほどおせちが好きでもないですが、やはり当たり前の習慣として子供たちに認識してほしいな、と考えて買ってきたものをお重に詰めて食卓に並べています。

うちの子供も、それほど進んで食べてはいませんが、それでもおせちがお正月にはあるもの、と知り、その由来などに対して自然と興味が出てくるきっかけになるかな、と期待しています。古くからの習わしを、最低限、子に受け継いでいってもらいたいと思います。

 

コメントを残す